top of page

カウンセリングにおける優しさ

カウンセラーは優しい方がよいでしょう。つらいときに、不安なときに、優しく対応してもらうことは、カウンセリングにいらっしゃる皆さんが望んでいることだと思います。

話をじっくり聞くこと、非難しない姿勢、理解を示す言葉遣いなどのカウンセラーの対応によって、「優しいな」とカウンセリングの中で感じられることだと思います。


朝焼け1

「優しいな」と感じると、緊張がほぐれ、心が和み、自然と話したくなる気分になります。ですから、優しさを感じることは、カウンセリングを進めるためにも大切なことです。

人生においてうまくいかない、自分を受け入れられない、自信がない、このような方は、話すことに不安を感じ、話しにくくなっています。ですから、カウンセラーは焦らせず、話をじっくりと聞き、自分のペースで話せるようにと対応します。そうして、少しずつ自分のことを話せること自体が、自信の回復につながるのです。ここでは優しさを感じること自体が自信の回復のために大切です。



もしあなたがカウンセリングを検討しているなら、まずは自分自身に対して正直になることが大切です。自分の感情や考えを感じて、それらを話す準備ができているかを考えてみてください。きっと不安が出てくるでしょう。それは自然なことです。ですから、カウンセラーの優しい態度が大切になります。そして、話してみようと、その一歩を踏み出す勇気が、変化への鍵となります。

まずは、自分自身の感情や考えに耳を傾けることから始めましょう。自分が何に悩んでいるのか、どのようなサポートを求めているのかを理解することが、適切なカウンセラーを見つける第一歩となります。


朝焼け2

カウンセラーを選ぶ際は、その人があなたの感情や経験に共感し、安心して話せる環境を提供してくれるかどうかを確認することが重要です。まず初めてのカウンセリングでは、カウンセラーとの相性を感じ取ることも大切です。直感的に「優しそうだな。安心できそうだ。」と感じる人を選ぶのもよいでしょう。自分自身が心地よく感じられるかどうか、安心できそうかを見極めてください。


 そして何より、カウンセリングの過程においては、自分自身に対して優しい気持ちを持つことが大切です。自分のペースで進め、小さな進歩を祝うことを忘れないでください。このブログを読んだことも、あなたの一歩になっていれば、幸いです。

閲覧数:327回

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page