top of page

カウンセリングを始める難しさ

カウンセリングは何が難しいって、始まりが難しいですね。

今日は、1.始まりの難しさ 2.そのポイントについてお話します。


自転車

1.難しさ

初めていらっしゃる方は、初対面で緊張されるでしょう。カウンセリングで治るか、癒やされるかも分からないのに、自分のことを話し出さなきゃいけない。これは負担のかかることです。


この難しさが何かに似ているなと思ったんです。

「自転車の練習」です。

自転車

自転車は細い丸いタイヤが2つ付いていて、自立できません。

初めて自転車に乗ってみたら、グラグラして、とても乗れるような気がしない。


カウンセリングの始まりは、この自転車の練習に似ています。


人生で何度も失敗・挫折を感じている人は、カウンセリングを始めることが怖いでしょう。

自転車に乗ろうと何度も転んでいる人が、「自転車の練習をしましょう」と言われても怖いのと似ています。「転ばないよう、後ろしっかり持っていますから、大丈夫ですよ!」と言われても、信用するのが怖いでしょう。


失敗を繰り返し、人を信じられない人、自分に自信がない人が、カウンセラーを信用してカウンセリングを始めることは、こんな風に難しいものです。


自転車はある程度スピードが出ると安定します。けれど、安定してくるまでが難しいですね。漕ぎ出すときが一番不安定ですし、ペダルも一番重いですし。

自転車

初回カウンセリングでの初対面は、カウンセラーとの人間関係がまだ不安定です。自分を語りだすことも、気が重いものです。話して受け止めてくれるか。分かってもらえるか、「大した悩みじゃない」なんて、思われはしないかと、不安になります。

このように、初回のカウンセリングというのは、自転車の乗り始めのように、難しいものです。それは誰にとっても難しいのです。


2.ポイント


まずは、「誰にとっても難しい」と知ることです。自分だけが難しいわけではありません。ですからカウンセラーは、初めてカウンセリングにいらっしゃる人が、不安であることを知っています。


つぎに、カウンセリングの始まりには段取りがあります。1.玄関を開けてカウンセラーの顔を見ます。2.扉を開けて部屋の様子を見ます。3.相談受付表をカウンセラーに渡します。4.今困っていることや、悩んでいることを話しながら、カウンセラーに状況を説明します。


こんな段取りで、やり取りをしてゆくと、自転車が進み安定するように、カウンセリングは安定し始めます。カウンセリングが進むのか分からぬままに受けてみて、進めば続けたら良いでしょう。お試しで数回、そういう感覚で受け始めるとよいと思います。それでもし、「カウンセリングやってみたけれど、合わない」と思ったらやめたらいいでしょう。自転車と同じで、やってみないとわからないところです。


自転車

まとめ

1.難しさ:自転車に乗ったことがない人が、自転車を見ただけ「これはとても乗れそうにない」と思うのと同じように、カウンセリングをしたことがない人が「カウンセリングで話せる気がしない」と思うのも自然なことです。始めが一番むずかしいのです。皆、不安になりながらカウンセリングを受け始めることを、カウンセラーは知っています。


2.ポイント:難しいものと知りながら、試してみることです。段取りに従いやってみると、自然と始まるでしょう。「大丈夫そうだ」「できそうだ」と思ったら続けたら良いでしょう。カウンセリングは体感するものです。やってみないと分からないものです。





閲覧数:393回

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page